車メンテナンス

ファンベルトが切れた!!何が起きる?

車の大切な部品の中に、ファンベルトという物があります。

このファンベルトとはウォーターポンプやオルタネーターなどを結んでいるベルトの事で、昔はこのベルトによって冷却用のファンを回していたため、ファンベルトと呼ばれています。

このファンベルトには大きな力が加わりますので、結果として寿命が必ずあります。

寿命が来たファンベルトは、甲高い音を出して鳴きますがそれが悪化してしまうと切れてしまうことがあります。

そんなファンベルトの切れによって何が起こるのかという事をご紹介します。

現在はファンベルトと呼ばないことも

元々冷却用のファンを回していたことからファンベルトと呼ばれていたのですが、最近は電動ファンの物が増えてしまった為、メーカーによってはVベルトという場合や補器ベルトという様な呼び名があります。

これらは基本的にエンジンのクランクシャフトからのエネルギーを各部に伝え、正常に各機関の働きを制御している部品なのです。

ですから車にとっては今でもとても大切な部品だといえるのですね。

ファンベルトが切れてしまうと?

そんな重要な機関であるファンベルトが切れてしまうと、何が起きるのでしょうか?

ファンベルトが切れてしまうと、ファンベルトが繋がっている部位全てに問題が起きてしまいます。

ひどい場合には、ウォーターポンプが停止しますので、オーバーヒートし最悪の場合にはガスケットが抜けてしまいますので、エンジンのヘッドガスケット交換が必要になってしまいます。

また、オルタネーターが回らなくなってしまう為に、バッテリーへの発電が停止してしまうことや、バッテリーが上がり動けなくなってしまうことがあります。

オーバーヒートになる前にこの現象になってくれたほうが、修理は安く済みますのでユーザーとしては不幸中の幸いと言ったところでしょうか。

その他にもパワーステアリングポンプ停止によりハンドルが重くなってしまったり、エアコンが停止したりと、多くの部位が停止してしまいます。

ファンベルトの切れを防ぐには

基本的にファンベルトが切れる前には必ず甲高い鳴きと言われる症状が出ます。

その場合にはヒビが入っていたり、緩んでいたりしますので、必ずファンベルトが鳴いている場合には修理工場やディーラーに見てもらうようにしましょう。

動かなくなっている場合には、無理に動かさずJAFや車屋のレッカー移動を依頼するなどできるだけ車に負担をかけない方法で運ぶことが大切ですね。

関連記事

  1. ミッションオイルを変える意味とは?

  2. ホンダの車でボトツキ何が原因?

  3. ミッションオイルを交換したら不具合が・・・なぜ?

  4. ブレーキオイルが漏れた時の対処法

  5. ブレーキパッドが泣き出したお金に余裕が無い時に使える裏技

  6. 車購入の際の値引き交渉はお手柔らかに!

PAGE TOP