3月の決算時期に購入が間に合わなくても焦らない


車の購入を検討している方で、やっぱり車を購入するならば、決済時期である3月に車を購入した方が安いから、3月に契約をしようと思っていたけれど、色々と年度末は忙しく結局契約ができなかったという方も少なくはないのではないでしょうか。

確かに車屋の営業マンは「3月の決算の価格だからこの金額で出しています。」なんて言いますから、4月になってしまっては安くはならないんだろうなと思ってしまいますよね。

ですがそのような心配は不要なのだという事を今回は皆さんにご紹介いたします。

決算だから安いは過去の話

昔は車を購入するならば「初売り、決算」のどちらかだと言われていました。

確かに、今でもこの初売りと決算期には車会社のCMが多くなりますので、この時期は今でも安く車を購入できるのではないかと思ってしまいますよね。

しかし本当は、他の月の値引きと大差がない事が多いと言えるのです。

というのも、昔は初売りや決算期にはメーカーからの助成金が出ていました。

ですから、ディーラーは値引きを大きくすることができていたのですが、最近では助成金を出すというメーカーも減っており、通常の値引きをどれだけ大きく見せるかという事にばかりとらわれてしまっているのが現状なのです。

ですから正直なところ車の値引きというのは、現在は3月も4月も変わらないと言えるのです。

先月までの条件と言い実際に条件を変更されてしまった

決算も通常期も値引きの金額は基本的には変わらないと言っても、3月から4月に月をまたいでしまうと、結果的に条件が悪くなるという事があります。

しかしこれは、営業のパフォーマンスであり、実際は条件を変えなくても同じ条件での条件提示は可能なのです。

しかし一度値引き条件が悪くなると焦ってしまうのが、購入者の心理でありこのパフォーマンスはその心理を良く就いた方法だと言えます。

しかしここで焦っては、営業マンの思うつぼですので、焦らずに一度見送る旨を告げましょう。

4月末もしくは5月末にもう一度来店します。

この時に来店するのは月末最後の日でさらに閉店間際が良いと言えます。

何故このタイミングなのかというと、4月は3月の決算セールで需要の先食いが起こっている為、営業のノルマが達成できていない可能性がありますし、5月はゴールデンウイークの影響で稼働日が短くノルマが達成できていない可能性があるからなのです。

交渉時の言葉は一言でOK

来店をした際に交渉が再度必要になるかと思うのですが、基本的に交渉は一言だけで問題はありません。

その一言とは「3月の条件にしてくれたら今日契約するよ。」です。

3月の条件になるはずが無いと思う方も少なくはないでしょうが、月末にノルマを達成できた人は定時で帰宅してもOK、達成していない営業はサービス残業というようなブラックな一面が車業界にはある為、ノルマがいっていないならばすんなり条件を出してくれるのです。

これを知っておけば、3月に条件を貰って契約をできなかったという方も、3月の条件で購入ができるようになりますので、ぜひ少しでも安く車を購入してみてくださいね。

PAGE TOP