ホンダセンシングのあまりオススメできない点

最近は事故の予防に、どのメーカーも力を注いでいる為、正直なところホンダもトヨタも最近は安全性にはあまり明確な違いという物が無くなってきたと思っている方も少なくはないのではないでしょうか。

むしろ、燃費戦争が行くところまで行ってしまい、現段階で争えるのが安全装備と言うだけで、このままでは車は車としての喜びや楽しみという物を、感じ難くなってしまうのではないかとさえ思わせられるのです。

しかし、安全性能の進化によって出現した、トヨタセーフティやホンダセンシングといった安全装備のパッケージングなのですが、実はどうしても皆さんに知っておいて欲しい事が1点あったので、今回は安全装置についてお話をさせていただきます。

■安全装備の発達により車が失った物

皆さんは安全装備が発達するにつれて、車から失われてしまった物がある事にお気づきでしょうか。

と言うのも、その失われたものとは、本来車に乗る楽しみの一つだったものなのです。

それが何かというと、アクセルを踏み込んだ時の反応の良さと言う物です。

どのような事かと言うと、アクセルを踏み込んだ際に車が素早く反応し、鋭く加速するという出だしの良さが、昔は楽しみの一つだったはずなのです。

しかし、最近は誤発進抑制と言う装備が付いたためか、出だしがあまり良くないという様な事が起こっているのです。

特に、誤発進抑制が強く効いてしまうホンダセンシングでは、信号待ちからの右折発進時にも対向車へ誤発進抑制が効いてしまい、スムーズな発進ができない時があるほどなのです。

■ホンダセンシング無しの車両はスムーズに発信できるH5見出しa

勿論のことですが、ホンダセンシングなしの車には誤発進抑制機能が付いていない為、発進時にもたつくような事はありません。

ですから、発進がスムーズに行える方が良いという方は、ホンダセンシング無の車両を選ぶ方が良いでしょう。

更に、ホンダ車に限らず、HYBRID車と言うだけでも出だしが悪いという様な車があるので、購入の際には必ず試乗をする事をお勧めします。

もしも、試乗車が無いような場合には、安全装備が無いガソリンタイプを購入すると発進時の違和感という物は感じられない為、今までの車と同じように乗る事ができます。

しかし、どうしてもHYBRIDや安全装備が必要だと言う方は、出だしの爽快感は諦めるつもりで購入する様にしましょう。

この様に、今の技術では、一つを追求すると何かを犠牲にしなくてはならないのが当たり前になっている為、安全技術を取るならば出だしの良さは諦めなければなりません。

ですが、いつの日か両方とも充実した車が表れる日も来るかもしれませんね。

PAGE TOP