車事情

ホンダとトヨタのハイブリッドシステムの違いは

最近は燃料電池自動車や電気自動車が増えてきましたが、まだまだそのような自動車はインフラ整備ができておらず、実用性は低いと言えるでしょう。
そんな自動車に比べて実用性が高いのが、ハイブリッド車です。

ハイブリッド車は、トヨタのプリウス、ホンダのインサイトが登場してすでに10年ほど経過して、最近ではトヨタの初期のハイブリッドシステムが他社のハイブリッド車に流用されるなど、ハイブリッド車のジャンルは日々進化をしています。
しかし、これまでハイブリッド車のジャンルを牽引してきたトヨタとホンダのハイブリッドの技術は他社の技術から大きく抜きん出ているのです。

意外と知られていないのですが、この2社のハイブリッドシステムは元々全く違うシステムのハイブリドカーであった事はご存知でしょうか。

あまり知らないという方も多いでしょうから、今回はトヨタのハイブリッドシステムとホンダのハイブリッドシステムの違いをご紹介します。

トヨタはシリーズ・パラレル方式

トヨタのハイブリッドシステムの基本は、今も昔もシリーズ・パラレル方式というシステムを採用しています。
これは、エンジンからの出力を、遊星ギアを使って発電機と出力軸に分割させる事で変速を行うと言ったシステムです。

エンジンからの動力がモーター動力と供に直接出力軸に落ちるルートと、遊星ギアに接続された発電機によって電気に変換されたエネルギーを更に動作用のモーターによって運動エネルギーに再変換されるルートを持つシステムのことです。

簡単に言うと、エンジンよりもモーターがメインと言ったようなシステムです。
その為、モーターのみで走行する事が可能なのです。

ホンダはシリーズもしくはパラレル

最近のホンダ車のハイブリッドシステムは、トヨタとは違いオデッセイなどに搭載されているシリーズ方式とFITなどに搭載されているパラレル方式とがあります。

ホンダのシリーズ方式は動力エネルギーを全て電気エネルギーに再変換させるやや非効率な方法なのですが、高速走行との相性が良い作りになっています。

更にFITなどに搭載されているハイブリッドはパラレル式で、他のパラレル式と違うのは、デュアルクラッチ搭載のおかげで、ギアが変速できるという点で他のハイブリッド車とは全く違う物となっています。

お互いの共通の弱点

どちらが良いかというのは、使用環境にも左右される為言及は避けますが、弱点という点では共通している為お教えします。

それは、高速走行になってしまうと、ガソリン車同様の状態になってしまうという事です。
というのもモーターには0か100かという出力の調整が無いため、高速走行になってしまうとエンジンの効率が良くなってしまう為モーターの効果が期待できず、極端に燃費が落ちてしまうという点が弱点だと言えるのです。

しかし技術の進歩はめまぐるしいため、こうしている間にも新しい技術が生まれているのかもしれません。
今後も日々進歩するハイブリッドシステムに目が離せなくなってしまいそうです。

関連記事

  1. オイル交換はマメに

  2. 大ヒット中の「N-VAN」は 商用バンの主役になりえるのか?

  3. エンジンが強いホンダ車の弱点は?

  4. ホンダセンシングのあまりオススメできない点

  5. ハスラーにBABY-Gとコラボした特別仕様車「ワンダラー」を設定

  6. スバルといえば水平対向エンジン

PAGE TOP