ミッションオイルを交換したら不具合が・・・なぜ?

車好きの方の中には、ミッションオイルを交換するという方が多くありませんか。

しかし、このミッションオイルを交換すると、調子が良くなるどころか調子が悪くなったという方がいらっしゃるようです。

オイルを変えて調子が悪くなるなんてあってはいけない事なのですが、実際にあるのですから、それには何かしら理由があるようです。

今回はミッションオイルを交換した際になぜ不具合が出るのかという事についてご紹介します。

■ミッションオイルは遅くても3万キロで

ミッションオイルを交換するというと車があまり好きではない方からすると、何それ?となってしまうのですが、ミッションオイルというくらいですからミッション系のオイルという事は何となくお分かりいただけるかと思います。

ミッションオイルは交換しなければ、ギアの円滑な回転などを阻害してしまう為、定期的な交換が必要と言われていますが、車屋からすると交換しなくてもギアが割れるまで乗らないでしょ?

というくらいのオイルです。

交換するという方は本当に車好きか、車を長く乗ろうと考えている方のどちらかです。

しかし、このミッションオイルは車の使用環境によって交換の頻度は変わると言われており、なかなか交換のタイミングが分からないという方も多いのが現状です。

そんなミッションオイルですが、交換は基本的に3万キロを目安にしてみると良いでしょう。

これよりも走行した後で交換するという場合には、不具合が出る可能性があるので注意が必要になるのです。

■なぜ交換したのに不具合が出るのか

ミッションオイルを交換したのに不具合が出たという場合には、考えられる原因は一つだけなのです。

というのも、ミッションオイルが馴染まないという物です。

何故このような事が起きるかと言うと、ミッションオイルは基本的に抜き替えるというよりも半分だけ変えるという場合が多く、古いミッションオイルを残して新しいオイルを入れるという様な交換の場合が多いのです。

そうする事で、どのような事が起こるかというと、古いオイルは粘度が硬く新しいオイルは柔い為にオイルが分離してしまうわけです。

その為、ギアが回る際にギクシャクしてしまう為、加速感が無くなる等の不具合が起きてしますのです。

ですから、私が5万キロで交換を頼んだ時に整備士は交換をしない事をすすめました。

このような、整備士ばかりならばミッションオイルの交換による不具合は発生しないのでしょうが、全てが良い方ばかりではないので交換のタイミングは走行距離で確認しておくと良いでしょう。

■H車検代行などでミッションオイルの交換をすすめられたら

基本的にミッションオイルは走行距離が伸びた場合には、交換をしない方が良いと言いましたが、最近はやりの代行車検などでは、ミッションオイルの交換を進められることがあります。

しかし、前述したようにもしも走行距離が多すぎると、不具合が出てしまう事があります。

それは基本的には半分しか交換しないという事が原因なために起こってしまう為、全てを抜き替えるのであれば基本的には問題は無いかと思います。

ですから、提案をされた場合には、交換は全てのオイルを抜き替えるのかという事と、不具合が出てしまった場合の保証はどのようになっているのかという事を、確認しておく必要があります。

というのも、代行車検で車検整備をしている方の中には、整備士免許を持っていないという方が多い為、マニュアル通りの整備になってしまう為です。

そのような人が整備をする可能性があるという事を知り、リスクを少しでも減らす事で、車と長く付き合う事ができるのです。

PAGE TOP