スタッドレスからノーマルタイヤへ交換するタイミングは?

タイヤににもいろいろありますが、今回はスタッドレスタイヤからノーマルタイヤへ戻すタイミングの目安をお教えします

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤの開発の目的はスパイクタイヤの問題点を克服し、旧来のスノータイヤをスパイクなしでも問題なく使えるよう開発されました。

スパイクタイヤの問題点というのが、スノータイヤに直接金属製のスパイクピンを埋め込んでいるので、積雪のない舗装路ではアスファルトを削り、道路を傷め、粉じんを発生させてしまうというものでした。

スタッドレスタイヤの構造は普通のタイヤより深い溝があり、積雪路で雪が溝の中に入ることで駆動力を得るようにできており、ゴムは通常のものとは違い低温でも路面へ密着するのに必要な柔軟さを失わず、常温でも解けないようなゴムが使われています

タイヤの履き替え時期の目安

スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへ戻すタイミングの目安ですが3月末から4月初旬がベストです。

理由として3月は春が近づき暖かい日も多くなりますが、急に悪天候になることもあります。強風で吹雪になる日もありますね。

またガソリンスタンドでタイヤを交換する方も多いと思いますが、3月に交換をしてしまうと、急に雪が降ったときには我慢してそのままノーマルタイヤで運転してしまうことになります。でもそれは、非常に危険ですので、できれば4月初旬に交換をするのがベストでしょう。

スタッドレスタイヤで夏も運転したら?

まず危険性についてですが、前述している通りノーマルタイヤとは違うタイヤでできているスタッドレスタイヤですが、あくまで冬の冷たい路面を走れるよう造られたタイヤだということを忘れてはいけません。

スタッドレスタイヤは通常よりも柔らかなゴムを使って作られているので、通常のタイヤであれば夏の暑い路面でも問題なく走れるものが、スタッドレスだと柔らかくなりすぎてしまい「急ブレーキが効かない」「急ハンドルで滑ってしまう」「雨の時は止まらない」「燃費が悪くなる」「音がうるさい」「ゴムのヘリが早くなりタイヤの寿命が早くなってしまう」などの危険があり、最悪の場合事故を起こし兼ねないのです。

最後に

いかがでしたか季節に合わせてタイヤの履き替えを行うことで事故を未然に防ぎタイヤの寿命を延ばすことにも繋がります。

履き替えのタイミングを間違えないようしっかりと季節にあったタイヤを車に履かせ、車でも季節を感じてみるのはいかがでしょうか。

PAGE TOP