中古で30万円のお手頃な車の本当の価値は?


最近は中古車市場が賑わっているようなのですが、30万円から40万円くらいの中古車は今も昔も並べると直ぐに売れてしまうといったように、かなり動きが良いのです。

しかしよくある事なのですが、30万円から40万円の車をとりあえず中古で購入して一年後に新車を買おうかなと思ってとりあえず中古車を買い、一年後に査定に出すと査定が数万円もしくは0円という事があります。

私は営業という立場でそのような方をたくさん見てきたのですが、なぜ1年で価値が無くなってしまうのでしょうか。

それには元々の車の価値が関係しているのです。

そこで今回は中古車で、30万前後で販売されている車の本当の価値をお教えします。

中古車の相場はどのようにきまっているの?

中古車というと、使用した車ですから新品ではありませんよね。

新品の車だと、メーカーが金額を計算して出していますので、値引きや経費を考えなければ、基本的には全国一律だと言えるでしょう。

しかし、中古車の価格は一体ではありませんので、同じような車であっても、お店で違うという事があります。

ではこの中古車の値段はどのようにして決まっているのでしょうか。

基本的にベースは査定価格です。

査定価格に利益と修理や部品の交換などに必要な経費などを載せて金額を算出しているのですが、ホンダなどのディーラーの場合には査定価格はオークションの落札金額よりも数万円から10万円前後安い金額が基本になりますので、買取り査定よりも安いという事が起きています。

このように中古車には、車本体の金額にプラスαをされているわけですから、元々の価値よりも高い金額で購入をしなくてはならないと言えるのです。

30万円の車の価値は?

基本的に中古車の利益計算は、軽自動車で15万円、普通車(登録自動車)で20万円と言われています。

また、車に乗せている経費はその時その時で違いますが、例えばタイヤを4本とバッテリー交換と小さい板金が必要だという場合には最低でも経費を10万円乗せてありますので、利益15万円と経費が10万円本体の価値に上乗せされていると言えるでしょう。

ですから利益と経費で25万円のっていますので、車本体の価値は5万円くらいだと計算ができるのです。

そう考えると購入時5万円の価値しかない車が一年後に1万円でも付けば大健闘だと言えるのではないでしょうか。

というのも中古車の査定市場は月に2万円前後の変動があります。

一年で考えると10万円以上価値が下がると言えます。

中古車は買う時には高くて、手放すときには安いという事が起きてしまうのだと言えるのです。

ですから、そんな損をしたくないという方は、最初から新車を買う方が断然良いと言えるのです。

PAGE TOP