車メンテナンス

タイヤの交換目安と交換しない場合の危険性

車は数多くの部品で作られていますが、その中で路面に接しているのはタイヤのみです。

いかに大事なのはわかりますね。

皆さんはタイヤの点検ちゃんとしていますか?

タイヤの交換をせずに走行しているとブレーキの利きが悪くなったり、思わぬ事故を起こしてしまう可能性があります。

そこで、タイヤの交換目安とタイヤを交換しなかった場合の危険性についてお教えします。

タイヤの交換目安

タイヤの適正な交換時期は4年前後と言われていますが、毎日のように車に乗る人とそうでない人ではタイヤの状況も変わってきます。

では、何を基準にタイヤの交換をすればいいのか一番わかりやすいのは車の溝の深さです。

タイヤの横には△のマークがあるのはご存知でしょうか?これはこのマークの延長線上にスリップサインがあることを示すマークとなっています。

このスリップサインですが、タイヤを新品で購入した際は目立ちませんが、タイヤの溝が擦り減っていき溝の深さが1.6mmになると溝とタイヤの表面との高さが同じになり、四角い山のようなスリップサインが現れるようになります。

ですので、気になった際はこちらを確認してみると分かりやすいかと思います。

ですが、スリップサインがまだ見えておらず溝も十分にあるから交換しなくてもいいというわけではありません。

というのも、あまり車に乗らないので、タイヤの溝は減っていないけれどもタイヤの表面にひび割れが多くあるという車を見かけませんか。

こんなタイヤも交換をお勧めします。

タイヤのひび割れは経年劣化によりゴムが硬化することで発生します。

走行自体は可能ですが非常に危険ですね。

では、交換しない場合の危険性について紹介します。

タイヤを交換しない場合の危険性とデメリット

・すり減ったタイヤを交換しないと、走行中にタイヤが破裂する可能性
それは、タイヤの中にはゴムを支えるための金属のワイヤーが入っているからです。
走行するほどにタイヤはすり減っていきますが、金属のワイヤーまですり減ってしまうと中から空気が噴出し破裂してしまいます。

・ひびが入ったタイヤの場合はひびから空気が漏れて破裂する?!
他にブレーキの利きが悪くなる事があります。

・タイヤの溝が少なくなってくると、路面との摩擦が少なくなりますのでブレーキの利きが悪くなる
いざというときに停まりきれず激突してしまいまう可能性も高まります。

・すり減ったタイヤは燃費も悪くなる
最近のタイヤは燃費向上を売りにしているものが多くありますが、溝がすり減ったり懸念劣化でタイヤが固くなってしまうと本来の性能を発揮できず、むしろ燃費は悪くなってしまいます。
そうなってしまっては、せっかく節約するはずの車に乗っていても意味が無くなってしまうのです。

・車検クリアは1.6mm
タイヤが減っていては車検に通りませんが、タイヤの残り溝は1.6mm以上でなければならないという法律があります。車検に通ったし1.6mm以上あるから大丈夫という考え方も良くありませんね。

しっかりとした車の点検は、自分の安全を守るとともに公道でのみんなの安全を守ることにも繋がりますので、月に一回ほどしっかりと車を点検してみるのはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ブレーキパッドが泣き出したお金に余裕が無い時に使える裏技

  2. スタッドレスからノーマルタイヤへ交換するタイミングは?

  3. ファンベルトが切れた!!何が起きる?

  4. ミッションオイルを変える意味とは?

  5. 車購入の際の値引き交渉はお手柔らかに!

  6. ブレーキオイルが漏れた時の対処法

PAGE TOP