新車情報

ハスラーにBABY-Gとコラボした特別仕様車「ワンダラー」を設定


スズキはハスラーにBABY-Gとコラボした特別仕様車「ワンダラー」を設定し、11月15日(木)より発売を開始。価格は1,608,120円となっています。また、同時にデュアルカメラサポートを拡大装備するなどの一部改良を行っています。

BABY-G「ワンダラーシリーズ」とコラボレーション

ハスラー特別仕様車「ワンダラー」と「BABY-Gワンダラーシリーズ」は、「自由気ままな旅」を共通のテーマに、アウトドアシーンが楽しくなるカラーデザインを共同制作し、コラボレートのテーマカラーとして、ナチュラルな“アイボリーカラー”を採用し、ディテールには、ブラウンやビビッドなオレンジを配したデザインとしていています。

ハスラーとBABY-Gは共に「アクティブなライフスタイルに合う商品性」や「日常からアウトドアまで幅広く使える機能性」といった特長を併せ持つ商品であり、自由でアクティブなライフスタイルを応援したいという両ブランドの思いが一致し、製品の枠を越えた今回のコラボレートが実現したものです。

特別仕様車の「ワンダラー」は、ルーフやバンパーガーニッシュなどに新色となるウッディブラウンを採用して個性的でオシャレな雰囲気を演出しました。

ボディカラーは全車2トーンルーフ仕様となり、シフォンアイボリーメタリック、パッションオレンジなど4色を設定した。中でも、この「シフォンアイボリーメタリック」は、カシオ計算機のBABY-G「ワンダラーシリーズ」とコラボレーションしたスペシャルカラーであり、同時発売のBABY-G「ワンダラーシリーズ」にも、同じアイボリーカラーの特別モデルが設定されています。 

特別仕様車「ワンダラー」のインテリアは、インパネにウッド調を採用。ステアリングやシートなどもブラウン用い、ステッチ部分はオレンジ色を取り入れ、BABY-G「ワンダラーシリーズ」と共通の世界観を持たせた室内に仕立てています。また、ディスチャージヘッドライトやLEDフロントフォグランプなど装備も充実させています。 

新グレード「J」と「Jターボ」を設定

同時に行われた一部改良では、「G」と「Gターボ」」にスズキセーフティサポートの「デュアルカメラサポート」を標準装備。また、インテリアのカラーパネルやシートパイピングの見直ししたほか、メッキのドアハンドルやフロントグリルなどを標準化し、上質感を与えた「J」と「Jターボ」を新グレードとして設定しています。

ハスラーの価格は1,100,520円から、そして新グレード「J」は1,485,000円から、「Jターボ」は1,578,960円からとなっています。

関連記事

  1. オイル交換はマメに

  2. エンジンが強いホンダ車の弱点は?

  3. 大ヒット中の「N-VAN」は 商用バンの主役になりえるのか?

  4. ホンダセンシングのあまりオススメできない点

  5. スバルといえば水平対向エンジン

  6. ホンダとトヨタのハイブリッドシステムの違いは

PAGE TOP